心静かに打つ!^^

アクセスカウンタ

zoom RSS 手打ち

<<   作成日時 : 2017/01/15 06:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

今年のオフは素振りを中心に行なっています。

まずはバットの素振りから始めているのですが、バットでの素振りは手打

ちが出来ないと聞いているので継続しています。

以前から身体の捻転を意識して振っているつもりですが、どうしても手打

ちになっている様な気がしていました。

最近になってバットでの素振りをただ振るだけでなく、テイクバックで顎の

下に左肩が入る様にしています。

画像


更にはフィニッシュで顎の下に、右肩が入る様にして振っていますが、私の

スイングは特にフィニッシュまでの捻転が不足していると感じます。

そんな練習を繰り返しているうちに、以前から身体の前に常に腕の三角を

維持して振っている意識を持っていたつもりでしたが、それが出来ていない

ことに気付くことになりました。

のんびりしていると今年のオフは、それに気付いただけで終わりそうなの

で一振り一振りを大事にして継続したいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私もスイング作りからやり直しです。寒い時期はある意味チャンスですね。
tx1
2017/01/15 09:35
☆tx1さん

こちらではオフの過ごし方で来期のゴルフが
決まると言われています。
最近の取り組みは全て基本的な事ですが、サ
ボってきたつけでしょうね。
ルイ
2017/01/15 09:52
私も  前傾姿勢・三角形の維持に努めます。
しげちゃん
2017/01/15 11:09
☆しげちゃん

私も以前は前傾姿勢に意識を持っていったこ
とが有りました。
改めて前傾も見直してみる必要があるかも知
れません。
ルイ
2017/01/15 13:02
『盲亀の浮木』
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、合計4人。
このようにさかのぼって考えてみましょう。 
10代前を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと約100万人!!
そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
そのように考えてみると、先祖の大切さがわかり、お墓の重さがわかります。
先祖に手を合わせて感謝しましょう。
苦も意図あり
2017/01/22 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
手打ち 心静かに打つ!^^/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる